色無地は正装に最も適したお召し物であり、日本独自の一歩下がった雰囲気を醸し出しています。特に茶道では派手をさけ、道具の柄との喧嘩をさける意味で最適です。お茶会には一ツ紋付の色無地が重宝されます。


色無地着尺 奄美大島

2019年02月08日

大阪本店・南店

【 色無地 】
参考上代: 180,000円
販売価格: 58,000円

色無地着尺 奄美大島

本場奄美大島の泥染で、染色は森輝雄氏がされています。
生地は丹後ちりめんの凹凸の少ない生地で、地紋は入っておりません。
色無地は、法事やお通夜など、不祝儀事にお使いになることが特に多いので、深みがあり、落ち着いたものが選ばれるようです。

【 袋帯 】
参考上代: 780,000円
販売価格: 180,000円

袋帯 河村織物

西陣・河村織物の手織の袋帯です。
金糸と白糸を使っただけの色使いですが、光の角度や見る方向により色が変化するので、礼装用として、どんなお召し物にも合わせやすい袋帯かと存じます。




商品名:色無地着尺 奄美大島 (No.4924)


参考上代:180,000円の品 
販売価格:58,000円(税込)






大阪本店・南店では 「」を開催します。 皆様のご来店をお待ちしております。

大阪本店・南店 柴田店長





【色無地のおすすめ商品】


  • 染織東店

    色無地 紋屋井関
    販売済

  • 大阪本店・南店

    絽色無地着尺
    販売済

  • 東日本橋店

    色無地 小葵模様 新小石丸糸
    販売済

  • 大阪本店・南店

    色無地 四季つづり
    38,000円(税込)

  • 東日本橋店

    復元茶の裂地名物裂文様 別誂え染色無地<三十選柄>
    販売済

  • 東日本橋店

    三眠蚕紙 草木染 色無地
    販売済

  • 大阪本店・南店

    色無地着尺 寿光織
    販売済

  • 大阪本店・南店

    色無地着尺
    販売済

お仕立て代超得割
キャンペーン実施中