【 販売済 】

拡大する

色無地は正装に最も適したお召し物であり、日本独自の一歩下がった雰囲気を醸し出しています。特に茶道では派手をさけ、道具の柄との喧嘩をさける意味で最適です。お茶会には一ツ紋付の色無地が重宝されます。


丹後高級縮緬千八唐織色無地(八掛付)<桐竹鳳凰文様>

2017年04月11日

東日本橋店

【 色無地 】
丹後高級縮緬千八唐織色無地(八掛付)<桐竹鳳凰文様>引染師 藤本明生

千八(せんぱち)とは、生地の経糸を整経する際、糸を支える針の本数であり、針の本数が多いことで、一本一本の緯糸の動きが細いため、柄の曲線部や細かい部分が美しく表現されます。 そして、唐織組織により柄に奥行ができ、重厚感のある文様に織り上がっております。




商品名:丹後高級縮緬千八唐織色無地(八掛付)<桐竹鳳凰文様> (No.3234)


参考上代は店頭にてお問い合わせください。
販売済






東日本橋店では 「」を開催します。 皆様のご来店をお待ちしております。

東日本橋店 川島 智章





【色無地のおすすめ商品】


  • 染織東店

    色無地 堅牢染
    販売済

  • 大阪本店・南店

    色無地着尺 京友禅
    販売済

  • 大阪本店・南店

    色無地 本茶渋染
    販売済

  • 染織東店

    色無地 寿光織
    販売済

  • 東日本橋店

    ジュンタイシルク有職文様色無地 <染の匠 北川>
    販売済

  • 大阪本店・南店

    色無地着尺
    45,000円(税込)

  • 大阪本店・南店

    色無地 壽光織
    48,000円(税込)

  • 大阪本店・南店

    夏羽尺
    65,000円(税込)

お仕立て代超得割
キャンペーン実施中