きものを着たら、次は袋帯で二重太鼓を作ります。

  • その1

    はじめに、手の長さは標準に取る。
  • その2

    手先を半分にとり、胴に2回まく。巻くときは、常に下側の輪の方を少し引くと苦しくなくよく締まります。
  • その3

    二巻き目に、肩の手先をおろし、おろした手先の輪と胴に巻いた輪の交差した点を指で押さえ、たれを上に折り返します。
  • その4

    きれいに折った上に、手先を右に取り、交差させ、前で止めておく。 (たれを上に引き出し、ゆるまないように結びます)
  • その5

    たれをおろし、折り目をのばします。たれ先から帯巾の同寸を計り、その2㎝くらい上に枕を置いて、残りのたれを枕の上にかぶせます。
  • その6

    枕の紐を引いて角を取る。紐を結び、下側の部分は左右に引き伸ばし、帯揚げをかけます。
  • その7

    帯下線に沿って仮紐をあて、たれ先を10㎝くらいに取り、きれいにお太鼓をつくり、手先を通して帯締め・帯揚げを整えます。
    はい、これですべて完了です。
 【きもの基礎知識】 各部位の名称  きものの格  TPO  コーディネート例  きもののマナー  丸中の採寸方法
 【きものを着てみる】 着物を着る前に  きものの着付け  袋帯の帯結び
 【お手入れ方法・たたみ方】 お手入れ方法  振袖のたたみ方  訪問着のたたみ方  袋帯のたたみ方  長襦袢のたたみ方  丸中のきものクリーニング