きものが着たいけど...着方が分からない、一人で着られない。 慣れていないあなたでも、着方を覚えてしまえば、大丈夫!

  • その1

    はじめに、足袋は、半分におってはきます。和装ガードル、和装ブラジャーを付け、裾除け、肌襦袢の上に補正パットを止める。
  • その2

    長襦袢の衿に衿芯の山を上にして通す。
  • その3

    長襦袢を着たら、腰骨の2~3㎝上を腰ひもで締める。 次は腰ひもの締め方
  • 腰紐(こしひも)の締め方①

    左側の紐を少し長めにし、腰骨の2~3㎝上にあて、横一文字にして左わきでダーツをとり、紐で抑え後ろにまわす。
  • 腰紐(こしひも)の締め方②

    背中央で紐を交差させ、紐の中に親指を入れる。背の余分なシワを左右によせて、両脇で親指を抜き、しっかりとしめる。
  • 腰紐(こしひも)の締め方③

    前に回した紐を脇前で右を上に重ねる。
  • 腰紐(こしひも)の締め方④

    下側の紐で前に当てた二本の紐を上から下へからげて、しっかりと上下に立てる。
  • 腰紐(こしひも)の締め方⑤

    上側の紐の先を右手で持ち、左手にかけて輪を作る。下側の紐をつまみ輪の中へ通す。
  • 腰紐(こしひも)の締め方⑥

    紐を左右に引きしっかりと結ぶ。
  • 腰紐(こしひも)の締め方⑦

    紐の先を始末する。
  • その4

    左手で上前をきめ、前幅は右の腰骨に合わせる。
  • その5

    左手を離し、右手で下前を合わせる。
  • その6

    きものが褄先あがりになり、前幅の余り分は三角ができるように折る。
  • その7

    二本目のアンダーベルトを前から後に持っていき、交差させて前で止める。
  • その8

    身八つ口から手を入れておはしょりの整理をする。
  • その9

    右の身八つ口の縫い止まりと、縫い目を通した衿先を上にあげる。
  • その10

    左手の位置から約10㎝前後下のところに、左手にもち変える。
  • その11

    持ち変えたところを左の身八つ口から出し、コーリンベルトではさみ込む。
  • その12

    はさんだきものベルトを後にまわし、上前のきものの衿をとめる。
  • その13

    伊達締めを後からまわし、前でいったん伸ばしてからとめる。
  • その14

    おはしょりをきれいに整える。
  • その15

    前板をとめる。これで完成です。
NEXT> きものが着られたら、次は袋帯の帯結びです!
 【きもの基礎知識】 各部位の名称  きものの格  TPO  コーディネート例  きもののマナー  丸中の採寸方法
 【きものを着てみる】 着物を着る前に  きものの着付け  袋帯の帯結び
 【お手入れ方法・たたみ方】 お手入れ方法  振袖のたたみ方  訪問着のたたみ方  袋帯のたたみ方  長襦袢のたたみ方  丸中のきものクリーニング