礼装時、普段などの外出時で着るきものが違ってまいります。

 

礼装のきもの

礼装のきものの大きな特徴は、優雅で格調高く、荘重美、気品をもっています。

  • 花嫁衣装

    代表的なものは打掛姿で、白無垢の装いと色打掛がある。
  • 黒留袖

    ミセスの第一礼装着が黒留袖です。染め抜き五つ紋をつける。色留袖も五つ紋であれば礼装着になります。
  • 本振袖

    ミスの礼装のきもの
  • 喪服

    喪に服する時は地方によって多少の違いがありますが、一般的には黒無地の五つ紋付きに紋織りの黒共の帯と なります。仕立ては留袖と同じように正式だったが不幸が重なると言われ、重ねはあまりしない。
 

略礼装のきもの

略礼装のきものの大きな特徴は、礼装に次ぐ優雅で気品高く、柔らかみと変化に富んだものです。

  • 中振袖

    本振袖と中振袖の違いは、袖の長さだけではなく、裾回しの違いもある。本振袖は裾が引き返しになっているが、 中振袖は表にあった裾回しがついている。
  • 色留袖

    黒留袖との大きな違いは、きものの地色と紋の付け方。黒留袖は黒一色だが、色留袖は色々な色や模様を 染める。一つ紋または三つ紋も多く用いられる。
  • 訪問着

    訪問着は形上ではミス、ミセスの区別はありません。色や模様によって年代が違ってきます。模様は絵羽模様で 吉祥文様などの古典的な柄が多い。
  • 色無地、紋付き

    何を着たらと迷ったときは、色無地のきものといわれるほど重宝なきものです。一つ紋をつければ、訪問着と同格か もしくはそれに準じます。地紋の選び方は、慶事用には吉祥文様を中心に選び、慶弔両面の時は雲取り、紗綾 形、流水、幾可模様のものが良い。
  • 喪服

    喪に服する時は地方によって多少の違いがありますが、一般的には黒無地の五つ紋付きに紋織りの黒共の帯と なります。仕立ては留袖と同じように正式だったが不幸が重なると言われ、重ねはあまりしない。
 

外出着のきもの

外出着では、社交着としては優雅で上品で、しかも個性美あふれるものがよいでしょう。

  • 小紋

    小紋のきものは、柄の反覆で、柄がきもの一面に染められたものの総称。形ではミスとミセスの区別はありません。 外出着として広範囲に着られます。
 

街着、普段着のきもの

気軽に着こなす街着、家庭着としては、紬やウール、木綿の絣柄、縞、ゆかたなどがあります。

  • 紬は、真綿あるいはくず繭から糸を紡いで、製糸しない生糸で織った織物。代表的な紬には、茨城県の結城紬、 鹿児島県の大島紬、信州上田の上田紬、山形県の米沢紬等がある。大変高価なものもあるが、礼装用に用いるのではなく、あくまでも趣味のきものです。
 【きもの基礎知識】 各部位の名称  きものの格  TPO  コーディネート例  きもののマナー  丸中の採寸方法
 【きものを着てみる】 着物を着る前に  きものの着付け  袋帯の帯結び
 【お手入れ方法・たたみ方】 お手入れ方法  振袖のたたみ方  訪問着のたたみ方  袋帯のたたみ方  長襦袢のたたみ方  丸中のきものクリーニング