きものは一生おつきあいできる衣服です。お手入れをしないまま脱ぎ捨ててしまっては せっかくの着物美人が台無しです。
しわのできないように、きれいにたたみましょう。 末永く着られるように、まめにお手入れをしましょう。

  • 1.きものを脱いだら、まずはたいてホコリを落とす。
    2.シミや汚れがついていないかをよくチェックし、丁寧に落とします。
  • 1.きものも長襦袢もハンガーにかけて、風通しのよい場所に2~3時間吊します。
    ※直射日光は絶対に避けてください。湿気を完全に抜いてカビを防止します。
  • 1.風通し後の細かいホコリを落とす。
    2.正絹や紬など織りのしっかりしているものは、柔らかいブラシでホコリを落とします。
    3.衿山、裾などの汚れやすい場所は、ベンジンを含ませたガーゼで軽くたたくか、つまみ取るように拭き取ります。
  • 1.帯は、きものと同様に風を通し、汚れをとってアイロンがけをしてしまいましょう。 2.帯締めは、結び目のアタリを中性洗剤でたたき、房の部分はホコリを取って糸を揃える。和紙で房を巻いて整えしまえば、尚のことよいでしょう。 3.半衿は、少しの汚れはベンジンで、きつい汚れは中性洗剤で洗い、ぬるま湯を使う。そのときは絶対に絞ってはいけません。畳んだ上から押し水気を切り陰干しをして下さい。
  • 吊っていてもシワが取れないときは、アイロンできれいにのばします。
    表布には当て布、材質に合わせた正しい温度調節をしましょう。
    ※絶対にスチームアイロンはダメです。
  • 絹には乾燥剤。ウールには防虫剤をしましょう。
  • 湿気は布を弱らせ、カビや虫がつきやすくなるので、空気が乾燥する秋から冬にかけて晴天続きの日に、必ず虫干しすること。
    虫干しとは、直射日光の当たらない風通しの良い場所で干すことで、午後は早めに取り込みます。



     


     
 【きもの基礎知識】 各部位の名称  きものの格  TPO  コーディネート例  きもののマナー  丸中の採寸方法
 【きものを着てみる】 着物を着る前に  きものの着付け  袋帯の帯結び
 【お手入れ方法・たたみ方】 お手入れ方法  振袖のたたみ方  訪問着のたたみ方  袋帯のたたみ方  長襦袢のたたみ方  丸中のきものクリーニング