着物: 染の名匠 北川 手描友禅訪問着:
霞を背景に、冬枯れの木立を描いた一品です。本商品は紗摺りの技法で染めております。 紗摺りは型友禅の一種で、型に網を張り、網ごしに染料を摺り込んで染めます。 柄の中に網目が摺り跡として残るため、柔らかな雰囲気に仕上がるのが特徴です。

 帯: 西陣河合美術織物袋帯(蒔絵百花丸文):
蒔絵百花丸文の柄で、黒地の袋帯です。河合美術織物にはめずらしく、黒地で金糸の色目で織り上げた一品で、フォーマル系はもちろん、黒留袖にもぴったりです。